• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > 2005年7月

2005年7月

梅雨明け、快晴・夏日の7月21日。
「エサ一番・エイトグループ」スタッフ8人はアユ釣り研修ということで、
兵庫県・矢田川へ走った。
私自身初めてとなるアユ釣り釣行である。

矢田川は水がキレイでロケーションも最高のフィールド、そしてアユも美味しいと評判。
今シーズンは好調らしいとの情報で楽しみである。

まずオトリ屋さんで、日券&オトリを購入。
この「オトリアユを買う?」ことそのものが未知の体験。
何とも不思議な"買い物"であった。
少し移動し、いよいよ釣り場に到着。
アユタイツ、アユタビに履きかえた瞬間、デビュー戦を前に、ワクワクしながらも緊張と不安を感じていた。
 
同行してもらった講師の人には、初めてということで、マンツーマンで指導してもらった。
オトリに鼻カンを付け、逆針を打つという動作を正確にスピーディーに行わなければならない。
もうこの動作だけで、これまでのエサでの釣りの世界とは根本的に異なる、
異次元体験であった。
シュミレーションはできていたつもりだが、いざやってみると長い竿の扱い、
オトリの扱いなど、すべてにとまどってしまった。
仕掛けを付け終わったところで、講師の釣りを拝見。
自在にオトリを操作して、いとも簡単に泳がしていく。
「これならできそう」と、竿を振ってやってみると、思ったようにオトリは泳いでくれないのである。
うーん、むつかしい。
午前中、私はオトリ操作を重点的にマスターすることに取り組んだ。
竿の向き、角度、自分の立ち位置など、ひとつひとつチェックしていると、少しは操作になれてきた。

午後は流れの速い場所に移った。
流れが速いということで、仕掛けを水切りの良いナイロンからメタルラインにかえ、ここでは一人でオトリも付けて泳がすことができるようになっていた。
流れの速さが違うので、戸惑ったが講師の指示通りに竿を動かして、しばらくオトリを泳がせているうちに、「オトリが野アユに追われる」という感じがわかりかけてきた。
「もしかして…」と思っていると、突然「ガッガッ!」と竿に衝撃が走り、ゆっくり竿を立てると仕掛けの先に2尾のアユが付いていた。
大喜びでタモを抜くことも忘れてしまったが、何とか取り込むことができた。
念願の初アユゲットである。
天然のアユらしい清涼な香りがし、これが噂に聞いていた"スイカの匂い"かと、実感させられた。
結局はこの1尾だけの釣果だが、アユ釣りの奥深さと楽しさの一端を知ることができ有意義な1日となった。
エサ一番淡水フロア 大東吾郎
 
釣行日 H17年7月21日(木)
店名 エサ一番
釣人 エサ一番淡水フロア 大東吾郎
魚種 アユ
場所 兵庫県 矢田川
地図

クリックで拡大(別ウインドウ表示)
1

会員登録はこちらから

糸巻きサービスのご案内はこちらから

  • 偽サイトのご注意
  • 在庫に関するお知らせ
  • 商品価格について
  • ご利用ガイド
  • メールマガジン登録
  • お問い合わせ
  • イチバンエイトグループオフィシャルサイト
  • イチバンエイトおすすめ釣り方魚種
  • 全国一律送料525円 2万円以上お買い上げの方は送料・手数料無料
  • エサ一番・エイトグループ 店舗情報はこちら
  • ご登録、及びメールアドレスに関する重要なお知らせ
  • エサイチ・エイト オンライン公式Twitter始めました!
  • アングラーズチャンス
  • 日本釣用品工業会
  • 鯛カブラドットコム
  • マニックキャンペーン
  • フィッシングエイトWeb店facebookページ
  • 営業日カレンダー
  • 営業日カレンダー