• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 潮流巧みに読み釣友計5連発!
スタッフブログ

潮流巧みに読み釣友計5連発!

  10月11日夜から、エイト2の店長藤本氏と淡路島のエギングへと向かった。明石大橋下に入ったのは午後9時、タチウオ狙いの釣り人が3グループいたが、 釣れている様子はない。潮は左から右に流れている。30分ほどすると、潮が緩み釣りやすくなったが、音沙汰はない。
■ブレークで500グラム
 初ヒットは午後10時、藤本氏が3号エギで手前のブレークを攻めて、500グラム級のアオリイカが抱いてきた。
 手前には基礎の部分があり海藻が繁殖しているが、流れが速いので、アオリは基礎の部分に隠れているようだ。
 ただ、潮が手前に押してくるので、重いエギででは根掛かりをする。
 ここは、藤本氏が得意な場所で、その狙い方は、少し潮上にエギをキャストして、ボトム付近まで沈める。次にエギを巻きながらジャークを数回して、ライン張って、しばらく待つ。
 キモは、正面ぐらいでボトム付近までエギを沈める。そして、ジャークして、ラインを張るとエギは流れに乗り、ラインが張ったままドリフト状態になる。
 潮上で誘ってもラインが張れない場合、特に暗い場所では、その変化を読み取れない。
 反対にラインが張ることができるとアタリは明確で、グーンと手応えが伝わってくる。

■乗り悪い時はサオ先で誘う
 少し流れが弱い時間帯は、コンとアタる場合もある、この時、もしコンで乗らなかったら、サオで誘えばすぐにグーンと乗ってくる。


■好調の釣友観察
 私はクリックス3.5号で小型をキャッチ。その後、藤本氏の一人舞台となり、3連発、さらに2連発と好調だが、私にはアタリがない。
 こんな場合は、横でいさぎよく見学して、状況を観察することにした。

■中層ー上がヒットゾーン
 それによると、ヒットゾーンは中層から上、アタリが明確なのは、ラインが張れているためだ。
 そして、潮の流れが弱くなるとイカの活性が上がり、沖でのヒットが増えた。さらに足元にはイワシの群れが回遊し、ラインにアタリが出るようになった。
  ここで、私も元の場所に戻り、乱舞3号のシングル傘アズキタイガーにかえた。
  藤本氏の釣りをイメージし、誘いの回数を多くしてラインを張る。エギをドリフトさせると、ロッドティップがグーッと押さえられた。

■2匹目 450グラム
  2匹目は450グラムだった。やがて、潮が止まったので、試しに乱舞2.5号のオレンジタイガーのクロスに黄色の塗装を剥いだ物をチョイス。同様に誘うとしばらくして、小型がヒットした。カラーが派手なためか小型が飛びついてきた。
 やがて、大橋の照明が消え、後は公園の外灯だけになった。
 その時、潮が左に流れる離岸流を見つけ、ラインを張るとケンサキイカを含め3匹追加した。
 さらに、外灯も消え、しばらく我慢して釣りをするが、明かりがない場所では、神経を使うので移動することにした。  
  数ヶ所を回り、西浦に移動したが波風が高い。

■濁りで苦戦
 ここでは、200グラムほどのアオリは釣れたが、波長の長いウネリにかわったため、濁りが広がり始めた。
 中層から上での反応は悪くボトムでキャッチしたが、底まで濁ると、アタリもなくなり納竿とした。

▲ 交通 神戸淡路鳴門道・淡路ICーR28を北上する。

10/28  つりニュース掲載記事より(弓削和夫さん)

コメントする

会員登録はこちらから

糸巻きサービスのご案内はこちらから

  • 偽サイトのご注意
  • 在庫に関するお知らせ
  • 商品価格について
  • ご利用ガイド
  • メールマガジン登録
  • お問い合わせ
  • イチバンエイトグループオフィシャルサイト
  • イチバンエイトおすすめ釣り方魚種
  • 全国一律送料525円 2万円以上お買い上げの方は送料・手数料無料
  • エサ一番・エイトグループ 店舗情報はこちら
  • ご登録、及びメールアドレスに関する重要なお知らせ
  • エサイチ・エイト オンライン公式Twitter始めました!
  • アングラーズチャンス
  • 日本釣用品工業会
  • 鯛カブラドットコム
  • マニックキャンペーン
  • フィッシングエイトWeb店facebookページ
  • 営業日カレンダー
  • 営業日カレンダー