• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 鳴門マダイ釣り
スタッフブログ

鳴門マダイ釣り

みなさんはもう初釣りに行きましたか?


今、鳴門ではマダイやメバルがよく釣れているとのことなので、エサ一番・エイトグループのスタッフ5名で釣り船『つるぎ』さんに行ってきました。


1月13日、この日はマダイ狙いだったので、仕掛けは5ー7本鈎に魚皮の付いたサビキや、素バリに細長く切った夜光のブライトシートを付けたものを使用しました。



40号のオモリを付け、底から10ー20メーターくらいまで一定のスピードで巻き上げ、そしてまた底まで落として・・・を繰り返す。

マダイ釣りは潮があまり大きくない方がいいらしいのですが、当日は大潮・・・。そのせいか、アタリがあっても喰いが渋かったのでみんな苦戦しました。

私は約6フィートのバスロッドにリールはコンクエスト201で挑みましたが、ライトクラスの竿といえど、専用の竿の竿先と比べるとかなりハリがあるので、魚の反応があっても弾いてしまい、アタリが続かない・・・



そこで竿先を送り込むようにしてアタリをとると、ようやくヒット!鮮やかなサクラ色の魚体が上がってきました。

隣で釣りをしていた女性も同じようなタックルだったためか、やはりアタリをはじいてている様子。

このサビキ釣りは初めのアタリが来てもすぐに合わしてはダメで、同じペースでリールを巻きつづけて追わして食い込ませないといけない。そこが難しいところであり、面白いところでもあるので、魚が乗った瞬間は最高です。

一度釣れ出すと何人か同時に釣れたり、ダブルで釣れていたりと船上は大盛り上がり!

船中45センチを筆頭に、結局6人で35匹。この日の竿頭は8匹でしたが、良い日なら1人で10数匹釣れることもあるそうですよ。

マダイ釣りは1月末くらいまでですが、2月からは本格的なメバルシーズンとなり、例年なら5月初旬まで続くようです。

大阪から車で1時間半ほどと、近場でこんなに楽しく美味しい魚が釣れるので女性にもお勧めの釣り場です!



釣 り 船 つ る ぎ
088?687?0598
釣行日 H18年1月13日(金)
店名 フィッシングエイト2
釣人 窪和久直人
魚種 マダイ

コメントする