• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 日本海 波止のスルメ
スタッフブログ

日本海 波止のスルメ

釣行日 平成18年4月19日
場所 福井県小浜ー常神半島一帯
釣り人 エイト2 窪和久
同行者 藤本・脇田
魚種 スルメイカ・ヤリイカ
サイズ 胴長30cmまで

日本海の船釣りでスルメイカがよく釣れているから、そろそろ岸からも狙えるはずとのスタッフ藤本の提案で、スタッフ3名で小浜ー常神半島へ行ってきました。

今回は、一般的にはウキ釣りで使われる「エサ巻きテーラー」をエギングのスタイルで使用するテーラーキャスティングでの釣行です。スタッフ藤本は毎年このタックルでウキ釣りよりもおいしい思いをしているのです。

仕 掛

まずは、小浜の宇久漁港で釣り始めました。テーラーにキビナゴをしばり付け、おもむろにキャスト。目印と集魚のために付けたケミホタルがテーラーと共に沈んで行きます。

ケ ミホタルが見えない水深まで沈んだらエギのようにショートピッチでシャクリ上げて再びフォール・・・。このフォール中が最大のバイトチャンス。メバルロッ ドのやらかい穂先がヌーっと持って行かれるアタリがあるはずですが、無反応。数日前の強い雨の濁りが入っていて誰にもアタリがありません。釣り場にいた波 止の常連さんに話を聞くと一週間前はヤリイカ混じりで大爆釣だったそうです。ヤリイカがこの季節にまだ釣れるとは、今年は水量が低い様です。

そこで、どんどんランガンして漁港を見てまわりましたが、なんと今年の冬のシケで常夜灯がこわれて無い所が多いのです。そしてとうとう常神半島へ。漁港の灯りまわりでなんとか3名でスルメ、ヤリイカを計12匹釣り上げ夜が明けてしまったので終了としました。

スルメイカは今後大阪湾にも回遊してきますので皆さんも「テーラーキャスティング」で狙ってみて下さい。

コメントする