• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 明石沖のジギング
スタッフブログ

明石沖のジギング

釣行日平成18年8月24日
場所明石沖
釣人エイト玉津 西尾、道野、友岡、名田
今回狙ったメインの魚はツバスとサワラで…事前の情報ではツバスがよく釣れており、後は…サワラ、メジロと数は少ないながらも釣れているようなので、まだ型の小さいツバスよりも…貴重な1発を狙った。

■5:00

今回お世話になる釣り船「魚英」に到着、タックルの用意を済ませ意気揚々と船へと乗り込み、いつも通り船の後部を陣取り…いざ出船!

■5:10

最初のポイントは新波止の沖で、水深は20メートル程。セレクトしたジグは80グラムのPink。底まで落とし、ハイピッチジャークでハンドル10回転程巻き上げては落としを繰り返す。

■6:30

各ポイントを回りジグを落とすが、乗り込んだ全員が思ったような反応は得られない。ジグのシャクリもスローに変えたり、いろいろ試すのだが…。

■7:30

漁船が複数浮いているポイントへ到着!すると…船の前の方からツバスが上がる…その波は後部を陣取ったエイトスタッフにも巡って来て、道野、名田、西尾と続けてツバスをGET。スタッフ友岡はナイスサバGET!
ヒットジグは近海仕事人80グラムのピンクブルーカラーで、ジグが着底した瞬間にアタりました。

■8:00

またもや…沈黙の時…あまり続かない…。いや、魚はいる場所なのだから、喰わせられない僕が下手なのか…。

■9:00

ポイント移動!水深は20メートル程で…ジグを落とすとアタリがあり、またポツポツとツバスが上がり始める。ここではスタッフ友岡の連続ヒットに西尾、アシスト和田さんとツバスを四本追加。
ヒットジグは先ほどと同じでしたが、今度は2回転程シャクリ上げてからのバイトでした!ツバス、まだまだ小さいのによく引きました…!

■10:00

ポイントを大幅に移動!明石海峡大橋からどんどん西へ行くが…ここではメジロが1本、他のお客さんに来ただけで我々は不発。再びポイントを戻すことに…。

■11:30

水深18メートル程のシャローに到着。シーバスやタイが釣れるポイントらしく、底には岩が入っているポイント…ここでしばらく粘っていると、スタッフ道野にHit!
竿の曲がりからしてあきらかに大きい…「モンスターシーバスか?」とまわりが見守る中上がって来たのは…なんと80センチをゆうに越える「サワラ!」リアに付けたトリプルフックにがっちり掛かってました!中層にジグを浮かせて来たようです。

■1:00

サワラが釣れて以来これといったアタリはなかったので…移動!
明石大橋下の1番潮の速いポイントに到着!ここではメジロ狙いで…ジグもセンターバランス、120グラムのブルー。これでも結構流されるが…シルエットを重視したかった為、軽いめを選んだ。はたして…メジロは釣れるのか…?

■2:30

帰港!残念!最後に絵になる魚は釣れませんでした…結局僕はツバスが2本だけ。ビックチャンスは巡って来ませんでした…。ジグは魚の前を何度も通ってるはず…もっとジギングの腕を上げて出直して来ます。

サワラを釣り上げた道野さん「お見事!」です。
ツバスもまだサイズが小さかったですが…後、数週間すれば大きくなって釣りごたえも増すでしょう。明石ジギングはまだこれからです!
(エイト玉津 西尾)

コメントする