• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > のんびり日本海磯アオリ
スタッフブログ

のんびり日本海磯アオリ

ベタ凪の沖磯
釣行日 10月18日(水) 中潮
場 所 舞鶴田井の沖磯
釣り人 エイト2藤本
魚 種 アオリイカ
サイズ 胴長 15ー25cm  25ハイ

歯ブラシは必需品

瀬戸内のアオリがさっぱりだめになった。理由はタチウオが陸・船からよく釣れ出したからだと思う。陸からはボウズもあり船で出ても、4.5ハイといった状況だ。

日本海に行くしかない。それも波止ではなく沖磯。

以前から行ってみたかった舞鶴田井へ向かう。枚方の自宅からだと京都縦貫道に乗り丹波で27号線に入り東舞鶴で府道へ入り、田井へ約2時間15分の行程だ。

4 時に着くなり港は人々々・・・・・。平日なのにアオリイカ釣りの人でいっぱいだ。磯釣りの人20人とアオリイカ狙いの人20人と半々だが、磯釣りの人まで エギングロッドを持っている。2隻の船に40名あまりぎっしり乗り、5時の暗い中出港。各磯を回り最後に着いたのが10m四方のハンバーグ状の沖磯。ここ に5時30分に1人上る。まだ薄暗いので周りの状態がわからない。エギロッド8フィートにD社2500番、0.8号のPEに2.5号フロロリーダー 1.5m付け、オレンジ+金テープの3.0エギ王Qを付け第1投。

水深がまったくわからないので10秒カウントダウンで5段シャクリ。気持ちよく糸フケが出て、1パイ目。20cmクラスの食べ頃サイズ。ここから5連チャンで調子が出てくる。

日が出てから足元から水深があるのに気づく。10ー20mの水深だ。底まで沈めて3段シャクリで探るときっちりアタリが出て、10時までに20パイ。渡船屋の主人が磯がわりを言ってくるが昼まで粘ることにした。

石の上はアオリの墨の海

12時まで5ハイ追加し、磯がわりするも底からシャクリ上げれば4、5ハイ出てくるがエギを嫌って沈んでしまう。2時まで粘るがダメだったので上がることにした。

ここの畑山渡船は2時間間隔で回ってくれるので磯がわりもしやすく大変親切な船頭です。イカはきっちり絞めて氷やけさせず持ち帰れば2日程は身に透明感がのこり、美味しくいただける。まだ10cmの子イカもいたので当分の間楽しめそうだ。


問合せ
舞鶴田井  畑山渡船  0773-67-0747

コメントする