• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > 2006年12月

2006年12月

冬でも「フラフラ」

 真鯛と言えば…鯛カブラを使った「フラフラ」や「ラバージギング」等の名称で呼ばれる釣法が2006年に大流行となり、四国の鳴門を中心に一気に広がり、各地で定番化しました。

  釣り方としては底まで落とし、ただ巻き上げるだけなので、誰にでも簡単にでき…なおかつ新鮮なブランド魚が釣れるとあっては…釣り人もやらざるをえなかっ た釣りのようです。何を隠そう今回釣行したエイトスタッフはみんなその釣りの中毒者で、25日も熱い情熱で臨んだのであります。

  朝は7時に釣船「つるぎ」より出船し、みんなでワキアイアイとしていたのは最初の2時間程の間だけ、まぁ予想どうりに厳しい状況!!皆真剣モードとなり次 第に言葉も交わすことなく釣りに集中する。すると…まずは我がエイト玉津の店長である榎並ヘッドが小さいながらも鯛を釣り上げご満悦!使用カブラはシマノ の最新作(未発売)「炎月」で底付近で食わせたようです。

 その後もアタリは底付近に集中し、自称「鯛の王様」のスタッフ友岡 が慎重なファイトの末に鯛を釣り上げ満面の笑み!ボトムでカブラを転がし鯛に気付かせたと語っておりました。この後も順調に続くかと思いきや…またまたア タリが遠のき、カサゴやイシモチはカブラに喰いついて来るが、肝心の鯛の反応がない時間が続く…

 移動に移動を繰り返し…船長の言う、潮の変われば釣れる場所へ…時刻は既に1時を過ぎ、まだ二人しか釣れていない…シマノの探検丸魚探には常に反応があるのだが…

 だが、ここでスタッフ奥内、柳澤と続いて鯛を釣り上げ…少ーし眠くなっていた目があっという間に覚め、真剣モードに突入!ボトムから10回転で止め、落とし…ゆっくり巻き上げると…「コッコッ」とロッドに待望の鯛特有のアタリが!!

  ここでゆっくりと乗るまで待つと…「コッコッ」っと言う反応が消え…ただカブラの抵抗だけが空しく竿に伝わる。わたくし、スタッフ西尾には鯛のアタリはこ れだけ…さびしい限りです。一瞬の時合いは過ぎ、皆にアタリも途絶えたので港に戻り、鳴門での釣りを無事に終えました。

 厳しい釣行となりましたが…どれだけ忍耐強く、集中してやれるかがこの時期のキモでした。鯛はボトムに固まっており、スローに探れば結果は出ます。寒いので天候のよい日に釣行を!!

エイト玉津 西尾

釣行日 12月21日(木) 大潮 20:00ー24:00
場 所 神戸空港ベランダ
釣り人 エイト2 藤本
魚 種 アジ・メバル
サイズ 16cm級メバル約30匹・22cm級アジ約30匹

無風、ベタナギ、ライズはない。潮は満潮から下げにかかっている。なぜか右から左(明石方面にゆっくり)流れている。当日は、ウキ(水中ウキ0.5号-0.8号)を使用しての釣り。

潮 上にキャストし、表層をリトリーブ。アジのアタリは明雄だがメバルはロッドチップを押さえこむアタリだけ。引きはメバルのほうが強いので何が釣れたがすぐ にわかる。潮が流れている時はポロポロといった感じだったが、潮がとまり池みたいな状態になってから怒涛の入れ食いになった。アジのムレが回ってくればア ジばかり、ムレがさるとメバルといった具合。

アジは、どこにキャストしても釣れるがメバルは5m沖のカケ上がりのみ。これからが楽しみの場所だ。

ポイント図



仕 掛

鳴門のサビキマダイ

釣行日 12月15日(金) 長潮
場 所 鳴門亀浦 つるぎ
釣り人 エイト2 藤本・窪和久
魚 種 マダイ
サイズ 22ー42cm 18マイ


 朝7時出船。天候は晴れ、強風、潮は昼頃まで上潮。
水深平均50mで一旦底まで仕掛を落とし15m巻き上げる。

 朝一からアタリが多く、ヒットするものの連続4回バラシなど、最初の1時間は2ー3匹のキャッチと数が伸びない。
船頭のアドバイスでアタリがあっても合せずにとの事で向こう合せで乗るようになってきた。

 仕掛けを落とし込んでいる途中や巻上げ15m位でのヒットが多く、マダイの活性は上がってきている。仕掛けの全長が12mなのでヒットの棚は底から27mと幅広い。
ロッドの柔らかさもプラスになり、昼まで終止アタリが出て、2人で18匹キャッチ。バラシも20回以上はありました。

 この釣りは始まったばかり。12/末ー1/末最盛期を迎える。

仕 掛
当日最大22cm級。
スクリューテールグラブ シルバーラメで
釣行日 12月11日(月) PM8:00ー11:00 中潮
場 所 神戸空港
釣り人 エイト2 藤本
魚 種 アジ
16ー22cm 約30匹

神戸空港波止で型のいいアジが釣れていると聞き、さっそく釣行。PM8:00到着。駐車場から釣場まで少し歩かなければいけないが、正面の神戸の夜景を見ながらつらいのも忘れる。

こ の場所は、北風を正面にうけるところなので、冬場、釣人は少ない。当日は200mと広い岸壁に2・3人。さっそくメバルロッドに定番のスプリットショット ガン玉3B4ケで底近くを狙う。潮が流れている間は1キャスト1ヒット状態が続いたが、9時頃から潮がとまりだし、アタリが出なくなった。それでも、たい くつしない程度に釣れ、約30匹の釣果。

お目当ての25cmアップは釣れなかったが、アジの鋭い引きを堪能できた。当日は、メバルのアタリはまったくなかった。今度は、メバルも視野に入れて釣行したい。

今年の大蔵海岸は…

今年初黒メバル22cm級
釣行日 12月6日(水) PM8:00ー12:00 大潮
場 所 明石大蔵海岸
釣り人 エイト2 藤本
魚 種 メバル、ウミタナゴ

大蔵海岸には夜の8時頃到着。

下げにかかっていると思い左端の波止に入る。餌釣りの人が4人、電気ウキでメバルを狙っていたがボウズ。餌ばかり取られてウキに反応が出ないとのこと。大橋方面への潮の流れと思ったが何故か反対(明石方面)にゴウゴウと流れている。

外側は無理なので内側の砂浜のシャローをズル引くと15cm級のメバルがポロポロ。反対側の波止に移動すると今度は、大橋方面に潮が飛んでいる。不思議な状態だったが、外側で3B3ケ付けのスピリットで今期初の22cmをキャッチ。

底のズル引き。あとが続かず。内側のシャロー帯は相変わらず小メバルがポロポロ。全体に表層はだめでライズもなし。次回、潮を選んで再釣行。

1投目で18cm級海タナゴ
浜のシャロー帯は小メバルがポロポロ
1

会員登録はこちらから

糸巻きサービスのご案内はこちらから

  • 偽サイトのご注意
  • 在庫に関するお知らせ
  • 商品価格について
  • ご利用ガイド
  • メールマガジン登録
  • お問い合わせ
  • イチバンエイトグループオフィシャルサイト
  • イチバンエイトおすすめ釣り方魚種
  • 全国一律送料525円 2万円以上お買い上げの方は送料・手数料無料
  • エサ一番・エイトグループ 店舗情報はこちら
  • ご登録、及びメールアドレスに関する重要なお知らせ
  • エサイチ・エイト オンライン公式Twitter始めました!
  • アングラーズチャンス
  • 日本釣用品工業会
  • 鯛カブラドットコム
  • マニックキャンペーン
  • 営業日カレンダー
  • 営業日カレンダー