• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 冬でも「フラフラ」
スタッフブログ

冬でも「フラフラ」

 真鯛と言えば…鯛カブラを使った「フラフラ」や「ラバージギング」等の名称で呼ばれる釣法が2006年に大流行となり、四国の鳴門を中心に一気に広がり、各地で定番化しました。

  釣り方としては底まで落とし、ただ巻き上げるだけなので、誰にでも簡単にでき…なおかつ新鮮なブランド魚が釣れるとあっては…釣り人もやらざるをえなかっ た釣りのようです。何を隠そう今回釣行したエイトスタッフはみんなその釣りの中毒者で、25日も熱い情熱で臨んだのであります。

  朝は7時に釣船「つるぎ」より出船し、みんなでワキアイアイとしていたのは最初の2時間程の間だけ、まぁ予想どうりに厳しい状況!!皆真剣モードとなり次 第に言葉も交わすことなく釣りに集中する。すると…まずは我がエイト玉津の店長である榎並ヘッドが小さいながらも鯛を釣り上げご満悦!使用カブラはシマノ の最新作(未発売)「炎月」で底付近で食わせたようです。

 その後もアタリは底付近に集中し、自称「鯛の王様」のスタッフ友岡 が慎重なファイトの末に鯛を釣り上げ満面の笑み!ボトムでカブラを転がし鯛に気付かせたと語っておりました。この後も順調に続くかと思いきや…またまたア タリが遠のき、カサゴやイシモチはカブラに喰いついて来るが、肝心の鯛の反応がない時間が続く…

 移動に移動を繰り返し…船長の言う、潮の変われば釣れる場所へ…時刻は既に1時を過ぎ、まだ二人しか釣れていない…シマノの探検丸魚探には常に反応があるのだが…

 だが、ここでスタッフ奥内、柳澤と続いて鯛を釣り上げ…少ーし眠くなっていた目があっという間に覚め、真剣モードに突入!ボトムから10回転で止め、落とし…ゆっくり巻き上げると…「コッコッ」とロッドに待望の鯛特有のアタリが!!

  ここでゆっくりと乗るまで待つと…「コッコッ」っと言う反応が消え…ただカブラの抵抗だけが空しく竿に伝わる。わたくし、スタッフ西尾には鯛のアタリはこ れだけ…さびしい限りです。一瞬の時合いは過ぎ、皆にアタリも途絶えたので港に戻り、鳴門での釣りを無事に終えました。

 厳しい釣行となりましたが…どれだけ忍耐強く、集中してやれるかがこの時期のキモでした。鯛はボトムに固まっており、スローに探れば結果は出ます。寒いので天候のよい日に釣行を!!

エイト玉津 西尾

コメントする

会員登録はこちらから

糸巻きサービスのご案内はこちらから

  • 偽サイトのご注意
  • 在庫に関するお知らせ
  • 商品価格について
  • ご利用ガイド
  • メールマガジン登録
  • お問い合わせ
  • イチバンエイトグループオフィシャルサイト
  • イチバンエイトおすすめ釣り方魚種
  • 全国一律送料525円 2万円以上お買い上げの方は送料・手数料無料
  • エサ一番・エイトグループ 店舗情報はこちら
  • ご登録、及びメールアドレスに関する重要なお知らせ
  • エサイチ・エイト オンライン公式Twitter始めました!
  • アングラーズチャンス
  • 日本釣用品工業会
  • 鯛カブラドットコム
  • マニックキャンペーン
  • フィッシングエイトWeb店facebookページ
  • 営業日カレンダー
  • 営業日カレンダー