• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 坊勢島のメバル
スタッフブログ

坊勢島のメバル

釣行日 2月20日(火)大潮 PM6:30ーAM6:30
場 所 家島坊勢島
釣り人 エイト3 藤本
魚 種 メバル
サイズ 13ー20cm 約100匹

一度島に渡ってしまうと朝まで帰りの船がない坊勢島。
こ の島で耐寒してメバルを釣ろうと姫路港、最終便PM5:50発ラピートに乗る。30分で到着後、早々に「車に乗っていく」とラピートの奥さんに声を掛けら れ、1BOX車を借りる。メバルのポイントは船付場、島裏の漁港(車で5分程)、学校前の波止と少ないが広大である。一番潮の通る島裏の漁港を目指す。

到着後、水面のライズを確認するもなにもない。潮はほどよく左から右へ流れている。波止外側向きに釣座を取り用意する。当日のタックルは下図。水深が足元で5m、竿2本分くらいにかけ上がりがあり、その先は10mと深い。

底 と中層をライトキャロのリグで探るがアタリが少ない。水中ウキで表層を通すと一発で乗ってきた。今日は上の釣りか。ライズが出てきたが波紋が出るだけで、 カニの幼生パターンだ。このパターンはメバルがワームを口先でハムだけなので、アタリとしてはかなり繊細。1キャスト、3バイト1ヒットくらいのハイペー スでアタってくるが、サイズが今イチ20オーバーが少ない。


ライズがなくなれば中層・底を探ればアタリが出る。このペースが朝まで続いたがやはり寒さには勝てず。途中3度もコーヒータイムが入った。波止で食するカップラーメンは格別にうまい。

忙しいほどの釣りになったがキープした魚はたった6匹。
当日のワームカラーは何でもよかった。ただスロー引きにアタリが集中した。
この島は、3月ー5月の頃に爆釣するかもしれない。

仕 掛

コメントする