• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > 2007年5月

2007年5月

 「インチク」「鯛ラバ」などによる、ジギングならぬ「漁具ING」が去年からブームになりつつあるが、そのインチクを体感するべく、5月30日、舞鶴の魁王丸(090-4031-9722)さんにお世話になることに。

 このところスズキが好調らしく、またこの時期の丹後の外海でとれるスズキは脂が乗りまくりでとにかくおいしいらしい。都会で釣れる「アーバン」なイメー ジのシーバスではなく、銀ピカで引き味も最高とのこと。乗船し、さっそくスズキの一級ポイントへ向かったが、雨がパラパラ。アタリがない状態が小一時間続 いた。

 そして雨もおさまりつつあるころ。船長が「釣りの見本よ」とばかりにいきなり何かを掛けた。マダイである。圧巻の60センチオーバーだが、これはジグで の効果だ。そんなことを思っている間もなく、私と釣友の松井氏の竿が曲がった。上がってきたのはともに70センチオーバーのスズキだ。 インチクはタグリナマリにタコベイトをつけたもので、釣り方はいたってシンプル。インチクが着底したら10メートル前後巻き上げてまた下ろす、これの繰り 返しである。ここにハードなジャークなどは必要なく、一日中、集中力を保てるのも魅力だ。あとは当日の当りの巻き速度を見つけることが大切。

 この釣りで使用する竿は、できる限り軽量で、強靭かつ高感度のものが望ましい。高感度バスロッドのLーMLクラス、パリッとしすぎていないものがいいだろう。 高感度の竿はアタリが出やすく、集中力保持にかなり役立つのだ。加えて、中には疲れ知らずの電動リールでやる人もいるそうだ。

 それからパラパラとスズキが上がるが、正午になったころからアタリが止まった。そこからなかなかヒットしないまま夕刻に。近ごろ、マダイはこの夕 刻ごろに多く上がっていたようで、船長から「チャンスは夕刻。真剣に!」と軽く念を押された。そんな中、なかなかスズキのヒットがない釣友の寺前氏の竿が 曲がった。「マダイか?」 「いやぁーわからん」そういいながら上がってきたのはやはり70センチクラスのスズキだ。本人はスズキが下手らしく、そんな自分が釣ったことを喜んではい たが、マダイでなかったことをやはり悔やんでいた。

 しかしさすが「ベテランインチクアーティスト」と呼ばれる?寺前氏、その後すかさず良型のアコウをゲット!!「ニギリにしてもらおう」と釣った瞬 間からすでに顔がマイウー状態だ。その熱気冷めやらぬうちに、僕の竿にモソッとしたアタリがあった。 すぐさま合わせを入れると、竿がガンガン曲がる。「根物か?スズキか?まさか...」PE0・8号、バスロッドクラスのライトジギング用の竿がグングン曲 がる。ラインを出され、巻き、また出され、巻きを繰り返し、やっとこさ魚体が見えてきた。同船長の二人が「タイやタイ!!バラすなよ!」と僕にプレッ シャーをかける。

 どうにかこうにか船長のタモにおさまった魚は、71センチ4・1キロ、見事な魚体のマダイだった。タックルがライトなので引き味が最高!この釣り にハマリそうだ。ライトタックルの強みは、なんといっても 一日中集中力が保てることと、老若男女問わず楽しめること。そして、タックルなどにこだわりのエッセンスを加えられ、オリジナリティの高い釣りが楽しめる のがいい。みなさんも、ジギングや普通の船釣りの合間に「インチク」を!!手軽なタックルで、ぜひトライしてみてください。



エサ一番ルアー館 大北正樹

釣行日 5月24日(木)
場 所 香川県高松市周辺
釣り人 ルアー館・大西、石田、フィネス・中川氏
魚 種 ライギョ、バス
サイズ バス:35ー50cm、7匹
ライギョ:60ー82cm 7匹

 本格的なシーズン間近な本場のライギョを狙うべく、四国香川県へ行ってきました。今回はタックルも含めた案内役として、フィネス・スタッフの中川氏にサポートしてもらい朝6:00よりスタート!

  まずは、バスとライギョの混生した大きめの野池を探った。岸際から5mほどヒシ藻がまばらに生えており、スタッフ・大西はバス狙いでスタッガー6インチ・ ノーシンカーをチョイス!わずか数投で水面を割ったのは50?ジャストのバス。その後すぐに同サイズを追加、さすが!野池天国である!

 スタッフ・石田はフロッグゲームを楽しみたいようで、バラしながらも何とか48cmのバスと60ー65cmクラスのライギョをゲット!この池でフロッグ ゲームの基本を中川氏に教えていただき、いよいよライギョゲームオンリーに突入する。ほぼオープンウォーターのライギョまみれの池では翻弄されたが、石田 が65cmクラスをなんとかヒット!次のパラヒシ藻の池では気配も薄く、かなり厳しい状況が続く。

 池をほぼ一周しようとしたところでフロッグの後ろに気配が!10秒ほど待ってワンアクションで「ガボッ」と激しくバイト!かなり抵抗したがフロッグ丸呑みで上がってきたのは、72cmのまあまあサイズ。

 結局はこの1本のみでお昼をまわったので、本日のメインイベント?さぬきうどんを食べに行く。

 医大横のうどん屋で満腹となり、後半スタート!新川で少しバスを狙ったがいまいち芳しくなく、再びライギョ狙いへ。かなり小ぶりな池ではすぐに70cmクラスが飛びつき、結構満足。

 その後は一発を狙い夕方を迎えたところで、中川氏のフロッグに強烈なバイト!ヒシ藻がからみながらも大暴れしたヤツは82cmのビッグサイス!中川氏は この1本で満足感十分な様子であった。そしてメータークラスもいるといわれる池で7:30までねばったが、数バイトあるのみでストップフィッシングを迎え た。

 1日やって思ったことだが、香川でもシビアな池が実際多く、アングラーによるプレッシャーもあるようだ。しかし、1日で数回のスーパーバイトを求める楽 しさ、満足感、達成感がこの釣りにはある。また、バスにおいてはムチャクチャ野池も多く楽しめるフィールドです。もちろん、うどんもね!

熊野川のサツキマス

釣行日 5月24日
場 所 和歌山県 熊野川
釣り人 中井・大沢・石井・土橋・西島・渡辺
魚 種 サツキマス

 07.5/24紀伊山地から太平洋に注ぐ大河「熊野川」へ釣行した。
サツキマスを地元では「のぼり」と言い、その名の通り一度海へ下ったアマゴが大きく成長して 産卵の為、母なる川を遡上するのである。

 最初のポイント、上流部の十津川に到着するまでは世界自然遺産にも登録された大自然を満喫し、到着するなり、皆ウエダーに履き替え本気モード! このあたりは流れは緩く深トロのプールを狙ってみると、渡辺のミノーにヒット!しかし残念ながら目の前で銀の巨影をバラしてしまった。ルアーを見るとフックが伸ばされていた。

 その後、アタリもなく車でポイントを転々と移動。
本宮より下の本流に出ると、水量も増えて押しの強い大河となり好ポイントも増えてきた。
道の駅の下の瀬で、土橋が尺アマゴをゲット。ラインテンションを掛けながら、アユカラーのルアーを流して釣ったようだ。

 午後には、新宮まで下り、河口を左岸へと渡り、海より初めての瀬を狙う。ファーストランが止まりそうで良い場所だがヒットなし。

次には、浅里(あさり)のキャンプ場下。ここは早瀬で大型が潜みそうだが、やはりヒットなし。
一休みには最適な場所となってしまった。

  日も傾き、最後のポイントが支流の赤木川の出会い。水流がYの字に撚れ合い、ここも出そうなポイントだが日没となってしまった。これで、早朝から連続12 時間の釣りが終わった。釣果は少なかったものの、水、空気、景色とすべてが美しい世界で釣りが出来、身も心も癒された気がした。 幻は幻で終わらしたくないので、必ずリベンジしたい。




ポイント図
タックル
ルアー シュガーミノー、アスリート、ザクスティックミノー、ステイシーなど6ー9cm
カラーはアユカラーを主に、キラキラフラッシングも!
フローティング、シンキングともにOK
ライン PE0.8号+リーダー2号
ロッド 8.0ー8.9f
リール 2500番


 この時期のウィードの成長はおどろくほど早く一週間立つと先週とは全然状況が変わり驚かされます。 僕が今回狙ったのはアフター回復バスと沖でスポーニングをするプリスポーンのバス。アフター回復バスは、巻きモノや今流行のスコーンリグで狙いプリスポーンのバスはライトリグで狙いました。

 当日釣れたポイントは、ゴールデンウィークでも大人気エリアとなった通称「貝捨て場」。 朝から晴天無風でアタリも少なく苦戦しましたが、昼前ぐらいから風が吹き始めGoodサイズが連発し楽しい釣りができました。

 日本一大きい湖だけあって海のように荒れる日も少なくありません。 安全に釣りをするためにもボート選びも大切です。 僕はいつもレンタルボートで釣りをします。おすすめのレンタルボートは西琵琶湖マリーナのレンタルボートです。 走波性抜群で荒れた琵琶湖を安全かつ快適に走行できます。 料金・アクセスなどの詳しい情報は西琵琶湖マリーナHPにて。
http://www.nishibiwako.co.jp

使用タックル 【スピニングタックル】
ロッド 6.6ft MLアクション
リール 2500番クラス
ライン フロロ 5ld
ジグヘッド 1/3oz #1ー1/0
ワーム スティールベイト4“チビアダー4”スティックシャッド4“
釣行日 4月16日 雨のち曇り
場 所 和歌山県日高郡由良町
釣り人 エイト2 武田・岸・中西
魚 種 ガシラ・メバル

 1.1mのテトラ竿を使い、ラインは2号のナイロンライン。 仕掛けは、オーナーから出ている堤防カワハギの1号を使いました。 餌はオキアミを使い針に付けるだけ。

 あとは仕掛けを底まで落とし、竿を少し上下に動かすだけで竿先に反応が… ゆっくりとリールを巻いていくと、ガシラやスズメダイがよく釣れていました。

 あまり数には恵まれなかったもののメバルも釣れ、大満足。簡単な仕掛けで、一日中遊べるガシラ・メバル釣り。小さいお子様でも簡単にできますので、ご家族でお弁当など持っていかれてはいかがですか?

その際は安全のため、ライフジャケットなど着用してくださいね!

釣行日 5月15日 晴れ
場 所 戸津井
釣り人 エイト本店 寺元
魚 種 アオリイカ
サイズ 38cm
エサ 活きアジ
釣れた時間 AM 9:00

 5月15日に和歌山県の戸津井港にある戸田丸さんにアオリイカの船釣りに行って来ました。今回は今話題の戸田丸さんオリジナルの泳がせ仕掛『必殺仕掛人』を使っての釣りで初挑戦です!

  港からポイントまでは15分ほどで到着です。当日はアジが大きいため30号のオモリをセットし釣り開始。すると右後ろでエギングをされていた『関西の釣 り』でおなじみ岳洋社の社長松井さんに1投目からヒット!いきなり胴長40センチクラスの良型を早くも確保です。と言っている間に今度は真後ろで私と同じ 仕掛のエイト本店の熊野店長にも同サイズが!! タモ入れも一発で成功し、「いったい何匹釣れるんだろう?」と言った期待が膨らみます。

 しかしアタリが遠のいたので船長さんにこの仕掛のコツを伺うと、まず底をキッチリとり、3ー4m巻き上げて待つだけだが船を流しながらかけ上がりについ ているアオリイカを狙うためマメに底を取り直すのが大切で、底にいるベイトの上にアジが常にいるようにしないとアオリイカは乗ってこないそうです。またア オリイカがアジを触ってきてもすぐに合わせず竿にしっかりとイカの重さが乗ってから一呼吸おいて大きく合わせると口元もしくは足の付け根にガッチリ掛かる とのこと。

 バッチリとアドバイスをしてもらい、アタリを待っていると軽く穂先を抑えるようなイカ独得の重さが手元に伝わって来ました!しかしなかなかそこから押さ え込んでくれません。我慢しているとグーッとついに竿先が水中に差し込んで行ったので一呼吸おいて大きく合わせるとなんともいえない重量感が伝わってきま した。浮いてきたのは他と同じく40センチクラスの良型で船長の言うとおり足の付け根にガッチリと掛かっていました。

 ここまでは良かったのですがここからは前日よりも水温が大きく低下した影響か、アジが暴れてイカがいる気配はするもののなかなか抱いてくれませんでした。

 納竿直前にまたまた松井さんがエギを我慢してシャクリ続けてヒット!最後に釣れたのは胴長44センチの大物で今日の釣りの締めとなりました。

当日はアタリも非常に少なく物足りない釣果となりましたがとても面白い釣りなのでみなさんも是非一度チャレンジしてみてください!また戸田丸さんでは、秋にはエギング船を出船されていてDEEPポイント狙いのため早くから大型が揃って釣れるとのことですよ!

問い合わせ先 戸田丸
Tel 0738-66-0538
アオリイカ  乗合アジ付き  ¥10.500-
秋にはエギング船あり
釣行日 5月11日(金) 長潮
場 所 大蔵海岸 ベランダ中央
釣り人 エイト3 藤本
魚 種 スルメイカ
サイズ 胴長 15cm級 22ハイ

  穏やかな日のタマズメ、18時から釣り開始。前回と違って波止は人だらけ。好調だった河口も投げの人の竿々々・・・。何とか正面中央に釣座が空いたので入 る。両サイドの釣人とは5mも離れていない。やはり先客はテーラーや串のウキ釣り。私だけがキャスティング。21時前後が干潮なのでそれまで釣りタイム か。潮は右から左へ。手前はゆっくりだが、投点近くの沖は速い。

 前回と同様、テーラーS2で底を探るがダメ。アタリが出たの は19時半頃。一匹目はキャスト直後。ケミホタルが沈まないので、合せると乗った。15cm級。二匹目も同じ。今日は、上層か?水面下2mまでを重点的に 探る。その後テンポよく釣れたが21時30分頃、潮止りを迎えアタリが出なくなり終了。

 今日のアタリはイカパンチやモタれるのが少なくケミホタルの変化が多かった。

 結果、胴長15cm級22ハイ。右サイドの人は1パイ。左サイドの人は5ハイの釣果。結果に差が出るのは誘い方の違いだけ。テーラーを2ー3m沈め水面 まで数回のショートジャーク。テンションフォールで2ー3m沈め、またショートジャークの繰り返し。目印はケミホタル。アタリはショートジャーク直後に多 い。(ケミホタルの変化)

 ウキ釣りだと一定の層しか攻められないのでイカの活性が低い時は乗りが悪い。左サイドの人はウキ釣りでも誘いをかけながら釣っていたので、数匹も のにできたのだろう。プラスここがキモ。テーラーの中に赤色25mのケミを入れる事。これを入れてないとでは釣果に大差が出ます。

 次回は夜中に満潮を迎える潮回りに釣行したい。

釣行日 5月10日(金) 晴 雨
場 所 三重県熊野市二木島
釣り人 エイト本店 寺元
魚 種 グレ
サイズ 39ー43cm
エサ ボイル

 当日は、大荒れのため東磯方面へ直行となり中の島へ渡礁したが ものすごい風と時折り大粒まで降る始末。

 波飛沫を受けながらも頑張ったのが良かったのか39ー43cm 口太の5枚と30cm程の尾長をなんとかGET!
大型は出なかったものの同磯に上がられた方が50cmUPの口太と 45cmUPの尾長を浮かしたもののバラしたとの事でした。

 今期は梅雨グレは大いに期待できそうです。

釣行日 5月9日(水) 小潮
場 所 大蔵海岸 ベランダ
釣り人 エイト3 藤本
魚 種 スルメイカ
サイズ 胴 12ー20cm 32ハイ

 ゴールデンウィークも後半、武庫川一文字でスルメが釣れだしたのでもしかしてと思い大蔵海岸に5月9日夜に釣行した。

 当日は晴天。しかし南西の風が強くベランダに着いた時は白波も立っていたが、朝霧川河口近くに数人先客がいたのでその横に入る。 (少し風裏になっていた)先客はテーラー仕掛けのウキ釣り。10パイほど釣っているようだ。

 20時30分釣り開始、風が強く波けもあるので底近くにいると思いテーラーS2を選択。(水深3m前後)
干潮から上げてくる潮なので河口で反転流が出ている。そのヨレ場をポイントとして第1投。ケミホタルが見えなくなるまでテンションフォール。 3回のショートジャークで手前まで探る。

 回収しようとした時コン!とイカパンチのアタリ。合わせると乗った。1投目から幸先がいい。
15cm級のレギュラーサイズ。2投目も底近くで乗った。今日のアタリは底近くでイカパンチ、モタれる感じでほとんど空振りなく釣れた。

 22:30頃あまりにも強風になってきたので退散。2時間で32ハイの釣果。中には胴長20cm近いのもまじった。
次回は穏やかな日に釣行したい。

1

会員登録はこちらから

糸巻きサービスのご案内はこちらから

  • 偽サイトのご注意
  • 在庫に関するお知らせ
  • 商品価格について
  • ご利用ガイド
  • メールマガジン登録
  • お問い合わせ
  • イチバンエイトグループオフィシャルサイト
  • イチバンエイトおすすめ釣り方魚種
  • 全国一律送料525円 2万円以上お買い上げの方は送料・手数料無料
  • エサ一番・エイトグループ 店舗情報はこちら
  • ご登録、及びメールアドレスに関する重要なお知らせ
  • エサイチ・エイト オンライン公式Twitter始めました!
  • アングラーズチャンス
  • 日本釣用品工業会
  • 鯛カブラドットコム
  • マニックキャンペーン
  • 営業日カレンダー
  • 営業日カレンダー