• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 大蔵海岸のスルメ その2
スタッフブログ

大蔵海岸のスルメ その2

釣行日 5月11日(金) 長潮
場 所 大蔵海岸 ベランダ中央
釣り人 エイト3 藤本
魚 種 スルメイカ
サイズ 胴長 15cm級 22ハイ

  穏やかな日のタマズメ、18時から釣り開始。前回と違って波止は人だらけ。好調だった河口も投げの人の竿々々・・・。何とか正面中央に釣座が空いたので入 る。両サイドの釣人とは5mも離れていない。やはり先客はテーラーや串のウキ釣り。私だけがキャスティング。21時前後が干潮なのでそれまで釣りタイム か。潮は右から左へ。手前はゆっくりだが、投点近くの沖は速い。

 前回と同様、テーラーS2で底を探るがダメ。アタリが出たの は19時半頃。一匹目はキャスト直後。ケミホタルが沈まないので、合せると乗った。15cm級。二匹目も同じ。今日は、上層か?水面下2mまでを重点的に 探る。その後テンポよく釣れたが21時30分頃、潮止りを迎えアタリが出なくなり終了。

 今日のアタリはイカパンチやモタれるのが少なくケミホタルの変化が多かった。

 結果、胴長15cm級22ハイ。右サイドの人は1パイ。左サイドの人は5ハイの釣果。結果に差が出るのは誘い方の違いだけ。テーラーを2ー3m沈め水面 まで数回のショートジャーク。テンションフォールで2ー3m沈め、またショートジャークの繰り返し。目印はケミホタル。アタリはショートジャーク直後に多 い。(ケミホタルの変化)

 ウキ釣りだと一定の層しか攻められないのでイカの活性が低い時は乗りが悪い。左サイドの人はウキ釣りでも誘いをかけながら釣っていたので、数匹も のにできたのだろう。プラスここがキモ。テーラーの中に赤色25mのケミを入れる事。これを入れてないとでは釣果に大差が出ます。

 次回は夜中に満潮を迎える潮回りに釣行したい。

コメントする