• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 兵庫県 家島 フカセ釣り
スタッフブログ

兵庫県 家島 フカセ釣り

 先日、エイト2のスタッフ2人で兵庫県の家島までチヌを狙いにフカセ釣りに行きました。

 早朝2時に出発、期待に胸を膨らませ車内の中、フカセ釣りについて色々と教わり渡船店に到着。渡船料金を支払い20分半程でポイント到着。天気も良く気持ちのいい朝日が出迎えてくれました。

 早々に袋エサとオキアミを配合し、竿をセット、基本通り、マキエを同調させることを目標とし、釣りを開始。
マキエをする毎に、段々とエサ取りが寄って来るので随分悩まされました。

 しかし、先輩は次から次えとチヌを釣り上げる。なぜ私にはつれないのか?すると先輩から大きなアドバイスを頂くことに。

 まずサシ餌を生からボイルへ変更し、次に一番重要であるウキとオモリを2Bから5Bへかえてみる、当時実は波に多少ウネリがあり、そのことを先輩は見逃さなかったようです。最後に釣座を変わってもらい分かった事が、私の仕掛けはサシ餌と同調していなかったのだ。

 そして仕掛けを変えて、2投目、5Bの円錐ウキが“じわっー”と沈んでゆき、「またエサ取りかなー?」と思いアワセてみると、非常に重くドラグが悲鳴を 上げた!またそこで先輩に、やり取りの仕方を教えていただいた。するとすんなりと魚体が見えてきました。何とそこには50cm位ありそうなチヌのの姿が! 格闘の末、先輩にタモ入れしてもらい見事にキャッチ!!

 本当に先輩には感謝の気持ちでいっぱいです、私の人生の中で初めての年ナシのチヌが釣れた事に大感激。先輩に釣らせていただいたという方が妥当ではありますが、嬉しいものは嬉しいです!  

 その後気づけば2人でチヌが6枚。時刻は夕方の5時になったので納竿としました。 

 釣行の帰り道、車内で本日の反省点やチヌのおいしい食べ方について教えていただきとてもよい参考になりました。

 チヌのフカセ釣りのことならエイト2の渡辺にお任せください!

フィッシングエイト2 渡辺祥平

コメントする