• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 高橋祐次名人と「岸田川」で友釣り
スタッフブログ

高橋祐次名人と「岸田川」で友釣り

 6月9日、報知鮎名人位7連覇の「高橋祐次名人」を招いて、兵庫県岸田川に行ってきました。

 河川状況は渇水しており、水位が30cm下がって、鮎が警戒心を高め、群れている状況。チャラ瀬が 多い中、瀬を探して、ポイントを見つけるような釣りに・・・。 上流にダムがないので、雨さえ降れば、 大分状況が良くなるのですが、残念ながら久しく雨がなく、コケも悪くなっている状況。放流鮎は、まだ 大きくなっておらず、天然遡上で大きくなった鮎が主で、サイズは13ー18cmぐらい。今回、入った場所 は岸田川と田君川の合流点で、上流は七釜橋から戸田橋までの範囲。

天候は曇り。 まず、高橋名人による仕掛け等の講習、川に入っての実釣デモンストレーションを見学。 驚いたのは、手際の良さ、器用さ、何より一つ一つの動作が早い。おとりを替えるのもしゃべりながら さらっと替える。やはり名人クラスになると、基本的な作業のレベルが、私達とは比べものになりません。 偶然、高橋名人が私のところに来てくれ、動揺。。。こういう状況では、泳がせなければ絶対釣れないと の事で、高橋名人流の泳がせ方を教えて頂きました。オバセをしっかりとり、鮎の移動したい方向、 鮎が動きたいタイミング、それを感じ取って、それに合わせて竿を動かしていく。すごくシンプルですが、 実際に高橋名人の指導のもとやっていると、タイミング、角度、力加減がかなり難しい。だが、高橋名人 が「ほら釣れた」と言った瞬間、釣れていました。全部、高橋名人の言う通りになったので、感謝の気持 ちより、驚きばかりでした。岸田川は雨が降って水量が増えれば、もっといい鮎が釣れると思うので、 盛期にまた釣行してみたいです。

エサ一番 淡水 木村



★岸田川は日本海に面し、鮎放流は700kgほどで、天然遡上が多く、元気な鮎が釣れます。
日券3000円、年券15000円で、近辺におとり屋が3軒しかないので事前にチェックが必要です。


コメントする