• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 淡路の初秋アオリ
スタッフブログ

淡路の初秋アオリ

釣行日 平成19年9月5日(水)小潮
場 所 淡路島 西浦
釣り人 エイト3 藤本、弓削名人
魚 種 アオリイカ 胴長10ー22cm
釣 果 約50パイ リリース20パイ

仕 掛
 9月5日、11時前にエイト3店長の藤本氏に迎えにきて頂き、淡路に出発。当日の天候は快晴、風は東から。高速を淡路北ICで下り、風向きを考え西浦に回ってみた。が、なんでか向かい風。
 まずは、江崎の階段から始める。3号では反応がない。2.5号では一瞬後方に付くのが見えるが、エギを止めるといなくなってしまう。階段は両側がポイン トらしいのだが、見えるのは胴長7ー8cm。出てくるのは護岸の際がほとんどだ。もう少しサイズアップすれば沖の根に付くだろう。今回はツバスらしきもの が飛んでいた。
 次に走る途中で寄り道をする。藤本氏から教えて頂いたのが炭焼あなご魚増鮮魚店。昼前後は開いているが、午後3時ごろには閉店しているようだ。タレ付き一匹300円。アナゴの味がしっかりしていて、白い飯が欲しいところだ。
 郡家は水色が悪く緑色。鳥飼の水色はきれいでイカもたくさん出てくるがやはり小さい。他も回ったが、出てくるサイズは一緒だ。手持ちの2号エギは1個し かなかったので、藤本氏から1個拝借する。なくなることがないと思っていたのだが、リーダーが抜けてロストした。予備は持っていくべきだ。
 湊の波止では、テトラ帯で小エギを足元からシャクリ上げるとワラワラ出てくる。でも固まっている場所、いない場所がはっきりしている。港内に浮いているブイ周りでは、上の釣りでやはりワラワラ出てきた。
 圧巻は波止先端赤灯前だった。足元には小さいながらすでにスミ跡はいっぱいある。藤本氏も座り込んで浮かして狙っているが、可愛いサイズだ。潮の押しが強くなると、出が悪くなってきたので移動する。
 夕まずめは丸山で迎える。釣り公園と反対の護岸に入る。公園になり足場もいいのだが、明かりはない。車のスペースは7ー8台停められる。
 地元の人がサビキでイワシを狙っている。昨年まではイワシが少なかったが、今年は多いようだ。
 岸寄りに歩いていくと、スミ跡がポツポツ付いている。そのサイズが例年より大きいのだ。先客が1人いて3号を振っている。私も横に入れてもらい、まず水深チェックをする。

 サイズ狙いは水深のある所で

 足元に沈めると3ー4mある。潮は引きで反流した潮が左から右。少し沈めてダートさせると、小イカは付いてくる。ボトムでは反応なしで、藤本氏は少し岸寄りで小イカと戯れている。

丸山の釣り場略図
 やはりもっと岸寄りがいいと思い、浅場の石積みに移って、エギをクリックス2.5号に落とした。ロッドは楽しむために最初から硬調メバルロッドだ。
 フルキャストしてもエギロッドより飛ばない。着底させ軽いシャクリで浮かしフォールさせていると、ラインがフワフワ?で、アワすと、グーン?ロッドが大きく曲がる。引きは確かにイカ。浮かして抜いて撮影してもらう。
 まだ明るい時間、他に2匹キープする。藤本氏は日が落ちる前に急にサイズアップして、手の平サイズを5連チャン。しかしアタリがなくなった途端に隣の人がタチウオをヒットさせ私は終了。藤本氏は浅場に移動して追加したようだが、暗いからと言って終了した。
 今年はサイズが小さいが、数は近年になく多い。全体的に南の方がサイズはいいようだ。ただ、居る場所居ない場所がはっきりしている。サイズ狙いは、やはり水深がある場所が狙い目だ。


▼ 交通 神戸淡路鳴門道・淡路北IC下車、県道31号線を南下し各釣り場へ。

平成19年9月21日号 週間つりニュースより

コメントする