• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 秋イカを求め南淡探釣
スタッフブログ

秋イカを求め南淡探釣

釣行日 平成19年9月14日(金) 大潮
場 所 淡路島 西浦 南淡エリア 
釣り人 エイト3 藤本、弓削名人
魚 種 アオリイカ
釣 果 とんかつサイズ 20パイキープ
  それ以下はすべてリリース

 9月14日、淡路島に釣行した。エイト3店長藤本氏が「前回は西浦をメーンに北から南へと探ったので、今回は南から始めて東面を狙ってみる」とのことだったので、同行させて頂いた。
 5時に迎えにきて頂き、一気に西淡三原インターまで走って丸山を目指す。前回小イカが多かったのと、いいサイズが出たからだが、到着したらすっかり夜が明け、朝まずめ後の感じ・・・。
 ともかく準備して前回の場所に入ってみる。先行者が1人いて、足元には真新しいスミ跡があった。私は、前日自宅に届いたプロスペック3.5号をセットして、まず足元で動きを確認する。
 小さいエギならワラワラと出てくるが、アオリより大きなエギでは近づかず、3メートル程度離れた場所で見ている。そこで3号にかえてみたが、やはり寄ってくるアオリの数は少ない。
 藤本氏は浅場で上の釣りをし、ポンポン釣っている。キャストし、着水したら即ダートさせ、続いてフォールすればラインが走るようだ。
 日が高くなると、足元の捨石からしか出なくなったが、藤本氏がロッドを大きく曲げ何かをあしらっている。どうも良型の魚を掛けたようで、シーバスかなと思っていたら、30センチほどのシオ(カンパチの子)だった。
 そこで私は、20グラムのメタルジグを沖波止の根元目がけてキャスト。6ー7メートルフォールさせ、ボトムからショートジャークで上げた途端にグンと感触があった。が、ヒットはしない。
 次のキャストでもバイトはあったが掛からず。アシストしか使わないので、ヒットしにくいようだ。3回目は少し左に落としシャクリ上げたが、やはり感触だけ・・・。仕方がないのでトリプルフックをセットしてボトムに落としたら、すぐに根掛かり。ロストして終了。
 同じ場所ばかりで釣りをしても面白くないので移動することにする。次に向かった阿那賀では、テトラ帯に4ー5人、遊歩道に2人、短い波止に2人の釣り人の姿があり、諦める。

釣り場略図
 伊毘では、アジ狙いの人が1人、短い波止に2人だったが、釣れていなかった。ともかく波止の先端と浅場に分かれて入り、4ー5投したが、反応が全くない。ボトムから上げても、小イカのチェイスすらなかったので、移動。
 かるも公園前の浜は浅いが、小イカはチョロチョロ出た。土生港の波止は先端に2人いたので、北波止に行ったが、反応なし。黒岩の短い波止も反応なしだった。
 大石で仮眠を取り、続いて由良の波止に行く。私はそのまま仮眠をしたが、藤本氏は1人でボコボコ釣っていた。コロッケだが、次から次に湧いてくる。同じ場所を攻めるとサイズダウンするので、少しずつ移動して釣っているようだ。
 仮眠が長かったので次のまずめを外さないように西浦に移動。湊の波止には車がいっぱい停まっているが、サビキの人が多いようだった。
 次は丸山漁港の裏に新しい漁港ができているので見に行くことにする。入るのは丸山漁港から。ここは2本の波止から成り立ち、外波止は淡路では珍しくテトラが高く積んであるが、降りやすい小さいテトラ。少し前まで捨石が入っている。
 沖の水深は浅く、アマモが生えているので春先のポイントになるかもしれない。根元沖側は根があるようだ。
 案の定攻める人が少ないのか、小イカはワラワラ出てきた。が、エギに近づかない・・・。これには好調の藤本氏も苦戦している。
 港内はしゅんせつしてあるようで砂の感じだが、あまり結果が出なかったので、丸山港に移動。日が落ちる寸前にバタバタと釣れたが、暗くなるとタチウオが回りアタリがなくなったので、終了した。


▼交通 神戸淡路鳴門道・西淡三原IC下車、R28を使い各釣り場へ。

平成19年9月28日号 週間つりニュースより

コメントする