• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
トップ > 店舗ブログ > スタッフブログ > 兵庫 家島諸島で秋アオリラッシュ
スタッフブログ

兵庫 家島諸島で秋アオリラッシュ

 9月21日、エイト3店長の藤本氏と日本海の磯に行く予定だったが、濁りで止めたほうがいいと情報が入り、塩野氏から情報を頂いていた瀬戸内の家島諸島・坊勢島に変更し、釣行してきた。
 朝5時に自宅を出て姫路港到着が6時過ぎ。坊勢行きラピート桂は7時35分発だ。待っている間に、家島行き高福ライナーが出発したが、やはり5~6人のエギンガーが乗り込んでいた。こちらの船には我々を入れて6人ほどの釣り人が乗り込んだ。
 島に到着すると、まず車を借りる。今回はブレーク狙いで攻めることにして西に走った。漁港を過ぎて路肩から狙う。風は弱いが濁りが少し入っていた。浅いのだが、3号から始める。
 ボトムまで沈めて早いピッチで浮かせるが、チェイスはない。でも藤本氏はいきなりキャッチしている。ここを1時間弱打ったが、藤本氏が3匹だけだった。
 次はもう少し西に走り、脇道に入った奥に船溜まりがあったので、浜から打ってみた。私には出てこないが、藤本氏がシャクるとラインが走る…。ここで4匹 キャッチ。一方私は、小イカが溜まりそうな潮がたるむ場所に入り、エギを2.5号に落としても反応がなかった。で、移動する。
 次の場所は普通に学校裏の護岸。藤本氏は根元に入り数匹キャッチ。問題の私は先端に移動し、ここでやっと反応を出すことができた。
 やはり潮通しのいい場所がいいようで、ボトムまで我慢して沈め、ショートジャークで中層までシャクリ上げると、ラインがフットたるんだ。立て続けにキャッチしたが、4ー5匹で反応がなくなってしまう。

坊勢島略図
 移動した西の漁港の長い波止には、数人がロッドを出していたので、私たちは短い波止に入る。先端は30?程度の水深があるので、根元に並ぶ。底の地形は少し複雑な場所で、沖には岸から続く根があり、手前が深くなっている場所だ。
 藤本氏は、浅いブレークから数匹チェイスさせ抱かせる。私は沖の根で一匹。ラインが走れば追加できるが、ふけで単発だった。ここで2時間をかけてポツポツと追加していく。
 しかし釣れる間隔が長いので、他の場所に移動した。が、移動先では思う釣りができないのと、南風が強くなったこともあり、再び先ほどの釣り場に戻ることにする。
 するとさっきとはパターンがかわり、ボトムから中層までのシャクリ上げでラインが走る。気持ちのいい釣りだが、水深があるので落とすまで時間がかかってしまう。
 そこで追い風に乗せフルキャストし、辛抱強くフォールさせる。藤本氏は8回シャクり、私も8回シャクりでラインがピューっと走った。フォールにしばらく 時間がかかるが、入れ掛かり!サイズは胴長10ー17?だった。10月になればもう少し楽しめるだろう。午後4時50分まで釣り、平日最終の午後5時15 分で帰った。

ラピート桂  
姫路港発 一番船7時35分 二番船9時17分
坊勢港発 午後3時30分午後5時15分
*土日の最終は午後6時50分
料 金 片道大人千円


 ラピート桂に乗船の方に限り、空いていれば車を無料で貸してくれる。裏の漁港まで車で送ってくれる場合もあり。バイクもあるようだ。同じ場所から家島行き高福ライナーが7時に出るので間違えないように。

問い合わせ ラピート桂
TEL  079?326?0158


平成19年10月5日 週間つりニュースより

コメントする