• ホーム
  • 商品検索
  • 売れ筋ランキング
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 会社概要
Fishingエイト3

Fishingエイト3: 2009年11月

タイカブラ釣り考察

CA390709.JPG

まずタックルから。ロッドは先調子で硬め1、8メートル前後。リールは小型両軸PE1号前後。リーダーフロロ3〜4号3メートル前後。要はタイラバのタックルと同じです。カブラは15号が基本で潮流が速い場所では18号を使用します。写真がそのカブラですがシーハンターの長さがタイラバより長いと思います。エビは尻尾をカットしハリはエビの腹側に抜くようにします。釣り方もタイラバと同じですがアタリが出てから若干速めにリーリングすれば乗りやすく感じました。ロッドに重みを感じたら電撃フッキングをかまします。約8割の確率でランディングに持ち込めます。巻き上げは水深の半分まで上げる時もしばしばあります。50メートルの水深であれば25メートル前後まで。中層でアタルタイは大型が多いです。ボトルほど小型になりがちです。エサで釣る分小型も混じりますがその分アタリが多いので退屈しません。例年鳴門ではビシをつかった手釣りが主流ですが今回の釣行で竿でも十分釣れるのがわかりました。良い日に当たれば20枚は堅いと思います。

釣りの締めは………

CA390718.JPG

竜宮です。おでん一本100円。すじは柔らかく絶品です。大根は拳大あります。ダシは少し薄くなってました。

CA390716.JPG

タイラバの時代は終わりつつあります。昔からエビでタイです。数もまずまず出ました。大きさでは80センチの下は40センチ強が4、5枚はいます。あとはチャリ。良い日に当たれば20枚は堅いです。

うたせエビの威力

CA390710.JPG

もう何も言うことありません。ジャスト80センチでした。

副店長ニッコリ

CA390712.JPG

タイカブラをやりに鳴門に来ました。タイラバではありません。ラバーの代わりにうたせエビです。前半は波風で釣果は上がりませんでしたが後半食わせのコツをつかみ恵比寿顔になりました。完全にはまったようです。近々鳴門岡豊釣具製タイカブラが店に並ぶことでしょう。

その2

CA390700.JPG

同行したK君のお口直しです。麺大盛で600円。

CA390699.JPG

お決まりの竜宮です。メジロを釣りましたがここで同じものを食べます。スダチ付きで徳島風の刺身は美味です。

本日の釣果

CA390703.JPG

鳴門に来ています。今日はアジののませでヒラメ狙いです。こしのある2メートル前後のショートロッドにカウンター付き小型両軸リール。PE1号にリーダー5号。胴付き誘導式オモリ40号でオモリから30センチ上にエダス30〜40センチにチヌバリを付けその延長4、5センチにロデオグライダーLを8の字で付ける。水深30〜60メートルを探るが今年は水温のせいかアタリは単発で食いが浅い。3人で1日かかって一匹の釣果。外道でメジロ、アオリ、甲ちゃん混じりました。もう少し水温下がれば例年通り釣れるかも。

本日の釣果

CA390677002.JPG

洲本沖にタチウオ釣行です。心配していたとうりです。昨日天気が良かったので大阪湾の漁師底引きしていたからです。1日かかって船全体で5匹の大貧釣。心がポキッと折れてしまいました。魚探も何も映りません。大阪湾の魚はどこに行ったのでしょうか?。

撃沈のあとは………

CA390676002.JPG

撃沈のあと五右衛門というラーメン店へ行きました。熟成醤油特製肉そば¥880。卵ぬきは¥780。可もなく不可もなくの味付けです。次回の撃沈時は西宮超こってり系ラーメンを食べに行きます。

1  2